ファイト~

ブログトップ

若狭の歌人「山川登美子」

山川登美子は、明治12年(1879年)、現在の福井県小浜市千種で生まれ、幼少期を小浜で過ごしました。
与謝野鉄幹・鴬晶子らと知り合い若狭の歌人として有名て゜す。
このたび平成17年に山川登美子の生家が、平成18年には遺品が小浜市に寄与されたことから、山川登美子記念館として開館する運びとなりました。
ここでは、生前、登美子の身の回りにあつた品や歌稿などが展示してあります。
今日始めて記念館に足を運びましたが、小浜の街の中ですばらしい庭園を見る事ができまた落ち着いた気分になり、明治の時代を思いながら縁側で少しの時間慕っていました。
当家の子孫の友人とは同級生で、高校時代この家で数人の学生が集まり初めてタバコを吸った思い出の家でもあります。
小浜に来られたら是非立ち寄ってみてください。
d0012816_17223826.jpg









d0012816_17251148.jpg

山川登美子の肖像画
d0012816_17254610.jpg

登美子誕生の地
d0012816_1726670.jpg

山川家の中庭、落ち着いたところです。
d0012816_17263814.jpg

d0012816_1771054.jpg
d0012816_17294392.jpg

#IMAGE|d0012816_1772218.jpg|200705/13/16/|mid|648|486#]
d0012816_17311458.jpg

静かな街で、落ち着いた時間、短歌はよくわかりませんが、心がやすらぐひと時でした。
[PR]
by skwakasaman | 2007-05-13 16:41 | 若狭のこと